神奈川県外の路線画像展示場

有楽町 2014.4.24

晴海通りの有楽町マリオン前、なにやらその地のことが書かれた説明板がありました。 そういうものがあると立ち止まってじっくりと読むのが私の性。 有楽町の地名の由来を記したその説明板によると 有楽町は織田信長の実弟・織田有楽斎こと長益の屋敷があっ…

有楽町 からくり時計と新幹線

陽の光を遮る有楽町マリオンの建物の陰で 画像モニターを見ながら 撮影してきた写真のチェックをしていました。 するとすぐ近くでファンファーレと鈴の音が鳴り響きます。 あっ、2時か からくり時計が動き出したぞ 慌ててからくり時計の下へ 何人かの人が…

有楽町 芸術への玄関口

振り返ってみると有楽町駅を利用したことって ものすごく少ない。 有楽町駅を利用してきたのは、 いつも芸術と触れる時。 1980年だったか1979年だったか(?) 日比谷野音に 高中正義のライブを観に行ったのも有楽町駅から 1987年、 大竹しのぶ…

新橋 Ⅲ

フレームマン・ギンザ・サロンで写真展を開催していた友人と 新幹線高架線下の居酒屋でビールを飲み交わし別れた後、 新橋駅まで歩きます。 いつも新橋駅のホームから眺めていたC11を 間近で見たかったのです。 SL広場の片隅には、靴を磨く人達が居ま…

新橋 Ⅱ

新橋という場所は、 あの銀座と最新のインテリジェントビル群の汐留に挟まれながら 私でもなんとなくリラックスできる街。 この新橋のイメージは、 サービス残業など当たり前だった時代のサラリーマンの街。 それが、高度成長期の象徴であった新幹線と重な…

新橋 Ⅰ

有楽町のフレームマン・ギンザ・サロンで写真展を開催していた友人と待ち合わせ。 その前に行った「モノクロで新幹線を撮る。」 スタートは、新橋でした。 横浜からの電車の揺れから解放されて ホッと一息つく為には、 港区で下車したかったのです。 理由?…

東京交通会館 ~新幹線700系B編成~

昨日は、「モノクロで新幹線を撮る」をテーマに カメラの設定をずっとモノクロにして 新橋から有楽町を歩いていました。 しかし、新幹線を間近に望める撮影名所 東京交通会館の屋上庭園に出た途端 色とりどりの花壇の花を見て ここでは、カラーだなと 素直…

有楽町駅前

今日は、フレームマン・ギンザ・サロンで写真展を開いている友人に会うため再び有楽町へ 友人が、フリーになれるという時刻は2時半 昼間なんだけど きっとになるだろうなと予想し 酔っぱらう前に新幹線撮影を済まします。

東京国際フォーラム

今日は、友人の写真展「出会いを求めて」を観に 銀座にあるフレームマン・ギンザ・サロンへ行ってきました。 お暇した後は、 「モノクロで有楽町を撮る」をテーマに カメラの撮影モードをモノクロ撮影に設定して 有楽町界隈をブラブラ。 この辺りでは、 や…

30年ぶりの新宿

あの人が、新宿の‘今’を睨んでいました。

夜の新宿大ガード

昨年の12月の事ですが、 所用があり埼玉に出掛けました。 カメラは、持参していたけれど ずっとカメラバックの中。 このまま横浜の自宅に戻るのは 一日がもったいないなと 帰途、新宿で途中下車します。 最初に向かった先は、歌舞伎町。 歌舞伎町ならでは…

道南家族旅行 3日目 その3

昔、3年間も暮らしていた土地、 再訪する場所ばかりだからと下調べもせずに出掛けた道南旅行。 しかし20年ぶりの函館は、街中も郊外も あまりにも変貌していました。 そのことが、今回の旅行で悔いの残る出来事を引き起こしてしまいます。 函館在住時に…

道南家族旅行 3日目 その2

道南家族旅行3日目は、 目の前に砂浜が広がる湯の川プリンスホテル渚亭を出発し大沼へ 駒ケ岳の頭のてっぺんが、雲に隠れてる。 絵にならないなぁ~ 駒ケ岳がくっきり見える大沼を娘達に見せたかったのに・・・ でも紅葉は、真っ盛り 満喫!! 次女がジン…

道南家族旅行記 1日目、その2

函館朝市では、お腹いっぱい海鮮丼を食べたのに トラピスト修道院では、 道南一美味しいと言われるトラピスト修道院特製ソフトクリーム (スプーン代わりにも使えるトラピストクッキーが付いてます。)も食べたのに 函館に向かう車中で ちょっとお腹すいて…

道南家族旅行記 1日目、その1 (スーパー白鳥と函館山)

江差線 レンタカー助手席よりフロントガラス越しに撮影 自宅最寄り駅、朝4時47分の始発電車に乗り羽田空港へ 6時40分に羽田空港を飛び立った飛行機は、8時ちょうどに函館空港に降り立ちました。 函館空港でレンタカーを借り、朝食をとるために函館朝…

大沼公園の紅葉

次女は、函館生まれ 長女は、幼稚園時代を函館で過ごします。 二人とも函館の記憶は、全くない。 それでは、家族四人が揃っているうちに 函館に行こうということになりました。 雪が降り出せば子供の遊び場がなくなる函館。 それで大沼には、白鳥が飛来する…

東急東横線渋谷駅の瞳

1960年半ば、小学校低学年の時だったか、母親に連れられて東急文化会館に行ったことがあった。 当時、練馬に住んでいた従兄弟家族と 映画を観たりプラネタリウムで星空を見た記憶が薄っすらと残っています。 あの頃は、渋谷と言えどまだ殺伐とした街で …

東急東横線 渋谷川

東急東横線を使って通学していた頃、 朝のラッシュ時は、つり革にさえも掴れず 車窓に手を付き体が弓なりになるような混雑ぶりでした。 渋谷川が、眼下に見えると もうすぐ渋谷駅だとホッとしたものです。 その地獄のような通学が嫌で 一限目に集中していた…

待ち合わせ

JR東海のCM 「きっと君は来ない~~」をモチーフに撮った写真。 携帯電話を持っていない私にとって 待ち合わせというのは、 携帯電話所持者に比べて 気苦労が大きいです~。

家族

渋谷駅前

東急東横線渋谷駅&銀座線俯瞰

30数年前の大学生時代 大学までの通学路は、横浜から東急東横線で渋谷に出て 井の頭線に乗り換えるというコースでした。 乗換駅である渋谷は、当時の遊び場。 そこには、横浜では手に入らないような マニアックなプログレッシブ・ロックや ジャズ・ロック…

東北線 首都圏中央連絡自動車道

田園風景の中に突如現れた 建設中の高速道路。 この地に住む人達が得られるものは目に見えず 還元されるものは、少ない。(一部の人を除いて) 一方、失うものは大きく それは、二度と戻せない。

備前堀川 道地橋辺り

東北線 久喜駅から新白岡駅に向かって 線路端を歩いていました。 新白岡駅に近付いた時、 目に飛び込んできたのが、 建設中の高速道路。 あ~、ここの風景、変貌するんだ。 そう思うと 今のこの風景を撮らずにはいられない。 写真という記録媒体を趣味とす…

東北線 253系200代 「日光 きぬがわ」

久喜で懐かしい車両に会いました。 かって、大船で幾度も見ていた車両です。 成田エクスプレス時代は、 車体の配色も洗練されていてファンだったのだけど 今のこの車体カラー どうよ!! まるで別人。 最初、誰だか分からなかった。 JR東日本のホームペー…

信州、別所温泉と塩田平の旅 2日目 最終話

このプラットホームから新幹線に乗り込んでしまえば、旅は終わり。 1時間半後には、東京駅。 今回の「信州の鎌倉」巡り、 歴史好きには、楽しい旅でした。 大好きな温泉にも浸かれたし いつまで存続してくれるか分からない 上田電鉄の撮影も満喫出来たし …

しなの鉄道 上田駅

塩田平を歩き回り上田駅に戻ります。 新幹線に乗る前の僅かな時間もじっとしていられません。 しなの鉄道の車両を撮影したり 上田駅をスナップしたり・・・。 もうこの地に来れないかもしれないと思うと 最後の最後まで カメラをバックに仕舞う気持ちには、…

上田電鉄別所線 別所温泉駅 三景

上田電鉄 別所温泉駅 寸景

不動産事業部門の営業利益を食い潰す 大赤字の上田電鉄別所線。 もしこの電鉄が、なくなるようなことになれば、 この駅で見られる 期待に胸膨らませ 楽しそうな家族の姿も見れなくなってしまうのだろうな。

上田電鉄 別所温泉駅の桜

別所温泉駅の桜撮影、 それも今回の旅の楽しみの一つでした。 ネットで、上田(上田城)の桜満開日を調べ わざわざそれに旅程を合わせたほどです。 確かに上田城の桜は、満開でした。 しかし、別所温泉や塩田平の桜は、 2~5分咲き。 白梅の方が、目立つ…

信州、別所温泉と塩田平の旅 2日目 その3

昨日(4月20日)、私好みの別所線の撮影ポイントを見つけています。 それは、別所温泉から青木村に抜ける峠道。 昨日は、小雨ゆえ、そこには行かなかったけれど 晴天の今日(21日)こそ、 その峠道から 塩田平のシンボルである 独鈷山や女神岳を撮り込…