横須賀線画像展示場

横浜道

平沼辺りは、帷子川下流地帯の新田のうち江戸時代の最後に開かれた埋立地 1858年6月の日米修好通商条約調印によって開国に踏み切った幕府、神奈川の開港を翌年6月と定めます。 でも横浜の街づくりは、 開港3ヶ月前の3月になって、やっと工事が始まるという状…

横須賀線E217系 軍港

終わりの見えないコロナ禍、 企業の業績悪化の税収減や 赤字国債の発行 ワクチン接種費用や オリンピック開催に伴う 感染対策費の増加で 歳出が膨らむのでしょう。 例年用意する予備費の 5億円とは別に準備した 新型コロナウイルス予備費の5兆円って それ…

横須賀線E217系 円覚寺の紅葉

一週間以上楽しめるように錯覚する紅葉ですが、 写真で綺麗におさめられる期間は短く、 桜と同じような感覚かな。 モミジの旬の色の移ろい はやいです。

横須賀線E217系 円覚寺総門前の紅葉

来年の紅葉シーズンの頃には、 横須賀線のE217系も 置き換えで数少なくなっていて シャッターチャンスはいくらでもあるとは ならないだろうな。

横須賀線E217系 朝の円覚寺総門前

朝6時前に目が覚めてしまった。 せっかくの早起きを 無駄にしてはいけないと思い 鎌倉の寺々が開門して 円覚寺総門前も 観光客であふれる前に E217系を撮影しようと 朝食も食べずに家を出ました。 今のシーズン、 平日であっても 鎌倉は観光客でごった…

楓葉経霜紅

「楓葉経霜紅」 楓の葉は霜を経ていっそう鮮やかに紅葉する。 人も苦しい時期を経て大成するという意味の禅語です。

JR横須賀線 杉木立

北鎌倉駅を発ち鎌倉に向かうE217系 観光客で賑わう鎌倉駅のすぐ隣でありながら 円覚寺の境内を横切って走っているので 落ち着いた古都の風情を感じる撮影地

JR横須賀線 円覚寺 降魔橋

円覚寺境内を横切る横須賀線の線路の手前 白鷺の池に架かる橋を降魔橋といいます。 禅宗の寺では入口に池を造り、 中央に橋を架けて そこから奥が仙境、 その手前が俗界としました。 降魔橋という意味深な名、 お寺の中にあるのだから 仏教に由来するのだろう…

KAMAKURA

近年、浴衣姿で 鎌倉めぐりをしているお嬢さんが多いのだけど なぜ?

海自曳舟 YT68

この写真に写っている 海自の曳船は、YT68 福島第一原発で水素爆発が起きた時に 海上から真水を運んだ船です。 その時の様子が、 朝日新聞の紙面に載っていたので抜粋 東日本大震災の発生翌日の 2011年3月12日に 福島第一原発の1号機、 14日に…

つるし飾りのある街

北鎌倉駅を中心に 山ノ内の道沿いの店舗や寺社など 約100箇所で 様々な吊るし飾りが飾られていました。 つるし飾りの起こりは 江戸時代とされていて 細工物一つ一つに 長寿や健康などを願う意味があり、 女の子が生まれたお祝いとして届けられ、 桃の節句…

軍港

田浦梅の里で「京急と梅」撮影後は、 15年ぶりに 軍港が一望出来る丘の上に行くことにします。 10隻以上の護衛艦が係留できる 海上自衛隊の桟橋、吉倉桟橋には、 護衛艦「いかつち」や 「きりしま」が停泊していました。 横須賀線近くには、 多くの海自の曳…

北鎌倉 蝋梅

今日の午後、 北鎌倉の 東慶寺、浄智寺、円覚寺を廻ってきた。 鎌倉は、と言うより寺社は、 冬に訪れるのが好き 神々しい雰囲気を 一年の内で最も感じるし 詫び寂を感じさせる 季節だから

E217系 白鷺池 

ここは、円覚寺の境内です。 しかし、1889年に無理やり円覚寺の中を軍港横須賀まで鉄道を通した為、円覚寺境内は分断されました。 その事を知らない人は、ここを円覚寺境内と思わずただの池として眺めているよう 禅宗の寺では、寺の入り口に池を作り、その池…

JR横須賀線 大船観音寺

車窓から見えるのだから 境内からも横須賀線を望むことが出来るだろうと 山を登って大船観音寺へ 300円の参拝料を払い境内へ 白衣観音の前からは、大船の街が一望 横須賀線や湘南モノレール、 東海道線も俯瞰出来ました。 今にも雨が降り出しそうな 12月の夕…

大船観音

2020年度~2023年度に掛けて E235系に置き換えられるE217系 横須賀線からの引退後は、 廃車となることが濃厚です。 この車両、 私には鎌倉に観光に行くための 電車というイメージ 置き換えられる前に 地元横浜南部や鎌倉・横須賀で 沿線の特徴的な風景と共に…

JR横須賀線 北鎌倉の紅葉

関東の紅葉名所の中では、 色づきが遅いといわれる鎌倉の紅葉 例年、色づきのピークは、 12月第一週から第2週 東慶寺、建長寺、明月院、 そしてこの写真の円覚寺など 北鎌倉から紅葉が始まり 徐々に覚園寺や瑞泉寺などがある 谷戸に広がっていきます。

北鎌倉 午後4時の紅葉

午後4時、 閉門と同時に総門を抜け 紅葉と横須賀線の撮影を楽しみます。

北鎌倉 円覚寺総門の紅葉

今日は朝から 鎌倉市で大雨警戒レベル3相当という豪雨 いつもならば、 観光客や写真愛好家でごった返している 紅葉シーズンの円覚寺総門前ですが、 さすがに今日は、観光客も居ないだろうと 雨の勢いが少しばかり弱まった午後に出かけます。 北鎌倉に着き愕…

円覚寺の紅葉 Ⅷ

緊張・興奮色の赤だというのに 紅葉の中にいると 心が落ち着き癒される お寺の境内だと尚更

秋の白鷺池水鏡

ここは、円覚寺の境内です。 しかし、1889年(明治22年)に無理やり円覚寺の中を 軍港横須賀まで鉄道を通した為、 円覚寺境内は分断されました。 その事を知らない人は、 ここを円覚寺境内と思わず ただの池として眺めているよう 禅宗の寺では、寺の入り口に…

円覚寺の紅葉 Ⅶ

円覚寺の紅葉 Ⅵ

円覚寺の紅葉 Ⅴ

モミジを撮る時、 団体客より 個人客を撮るという 言葉があるそうだけど 鉄道写真におけるモミジの描写は、 団体客でいいと思う。

円覚寺の紅葉 Ⅳ

円覚寺の紅葉 Ⅲ

一週間以上楽しめるように錯覚する紅葉ですが、 写真で綺麗におさめられる期間は短く、 桜と同じような感覚かな。 モミジの旬の色の移ろい はやいです。

円覚寺の紅葉 Ⅱ

円覚寺のホームぺージに 紅葉が見頃とあったので 行ってみました。 円覚寺総門前のモミジ、... 毎秋のこの時期の赤がなく キタナイ、枯れてる。 境内に入っても 美しい赤に 出会えないかなと思いつつ 塔頭仏日庵の檀家ゆえに 無料で境内に入れるので ある撮…

円覚寺の紅葉 Ⅰ

円覚寺のホームページに 境内の紅葉が見頃だと載っていたので 今日、行ってみた。

北鎌倉 つるし飾り

紫陽花シーズンの 北鎌倉には、 興味のない私。 古都ならではの... 紅葉が撮れる秋と 蝋梅や水仙、三椏の咲く しっとりと落ち着いた 今の時期の北鎌倉が、好き。

北鎌倉 蝋梅 Ⅳ