京急画像展示場

京急 横浜南部

旧森村の鎮守である森浅間神社の急な参道の階段から屛風浦の街を眺めます。 向かい側には1960年後半から宅地造成された山まさに横浜南部の風景が広がっていました。

京急 First of May 

大岡川の川辺は、桜の新緑が輝いていました。 その清々しい緑の中を鯉のぼりが泳いでいました。

京急 立身出世

「登龍門伝説」を受けて立身出世を願う飾りの鯉のぼり。 でも親としては、鯉の生命力にはあやかりたいけれど傷つきながらボロボロになりながら必死な思いをして滝を登るような苦労を子にさせたくないと思ってしまう。 立身出世で幸せが得られないことを知っ…

京急 大岡川の鯉のぼり

青空に泳ぐ鯉のぼりは力強さの中に春風駘蕩がありすがすがしい ここ大岡川の鯉のぼりは、川面近くを舞う鯉のぼり 竜には成りきれず竜門は、登り切ったものの立身出世出来なかった鯉に見えてしまう。 東京大学を卒業したものの社会人としては、大成出来なかっ…

京急 雨の中の鯉のぼり

鯉のぼり、雨に打たれて可哀そうだなと思ったけれど元々は水の中で暮らしてたんだよね。

京急 桜ヨ、サヤウナラ

横浜~戸部 パッと咲いては、我先にと散り行く桜。 それは、潔いと美化され兵士達は、桜の花の生き様を尊ぶように洗脳されたという。 先日4月7日の天声人語に大和が海に沈んでから77年目の忌日であるとあった。 船体は鹿児島西方沖の海底に今も眠る。 生…

京急 桜とSUPと京急と

大岡川でSUPを楽しむ人たち 桜の花びらをかき分け進む様子は、春の歓喜に別れを告げているように思えました。

京急 幻想桜絵

桜は、時に幻想的な絵を描く

京急 大岡川の桜雨

この日の雨で今年の桜も終わりかなと嘆く声が聞こえてきます。 大岡川で桜を撮り続けている私にはこれからは延長戦 花筏との出会いを求めて大岡川へ

京急1500形 石崎川と桜

戸部駅近くの梅香崎橋からの桜と京急撮影前に横浜駅から最も近い場所に咲く平沼1丁目の桜に立ち寄り京急を撮ります。

京急 石崎川の桜

横浜駅からほど近い平沼・戸部本町界隈を流れる石崎川。 石崎川は江戸時代から干拓・埋め立てによって開発された新田の水路として使用されていました。 石崎川には、かって11の震災復興橋が架けられていて現在も7橋の震災復興橋が使用されています。 この写…

京急 長者町の桜

桜の時期、京急撮影の為毎年、お邪魔している大岡川沿いの立体駐車場の屋上駐車スペース 今季、2度目の訪問 屋上駐車スペースに通じるドアに先日までなかった貼り紙 そこには関係者以外立ち入り禁止の文字 さては、頻繁に訪れる撮り鉄に向けた言葉かな 仕方…

京急 桜スタートダッシュ

今年の桜の鉄道写真撮影は、相も変わらず例年通り大岡川の京急からスタート 手前の桜は満開だったけれど高架線側の桜は、5~8分咲 桜の枝を見せたくなかったのでシャッタースピードを1/10秒まで落として流し撮り

京急 三浦海岸の河津桜+菜の花 2022 その3

三崎口駅が開業するまでは三浦半島南部へのアクセスを担うバス路線の拠点としても賑わっていた三浦海岸駅しかし三崎口駅開業後は、海水浴シーズンを除けば賑わいは失せ駅前も陽が沈めば薄暗くて寂しくなっていました。 そこで地元商店主有志たちが「三浦海岸…

京急 三浦海岸の河津桜+菜の花 2022 その2

河津桜と菜の花が共演する京急の線路沿いは、今年も観光客の人達で込み合っていました。 ここで京急を待っている間も多くの人が私の目の前で立ち止まり菜の花や河津桜を撮っていきます。 まぁ、列車が来る時だけ目の前に立たれなければいいやと思うのですが…

京急 三浦海岸の河津桜+菜の花 2022 その1

新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種から10日経ちコロナ感染に対する緊張感も少し緩み今までおとなしくしていた反動もあってボケ~と花見でもしながらお酒を飲みたくなる衝動に駆られます。 コンビニエンスストアでワンカップの日本酒を買い崎陽軒で…

京急 松の内

箱根駅伝復路をテレビ観戦していたら その場の臨場感を味わいたくなり 川崎に先回り。 コロナ禍故の拍手での応援は おとなしくて活気がない。 選手たちが目の前を通過した後は、 川崎の家系ラーメンを食べたくて 川崎家へ 川崎家、シャッター閉まってる・・…

京急 謹賀新年

京急 帷子川の色彩

横浜駅~戸部駅

京急 12月の光線

一年の内で 最も南中高度が低くなる冬至の頃 今まで現れなかった影が 線路に落ちるようになり 思うような写真が 撮れなくなることがあります。 しかし、 まだ午後の早い時間帯であっても 光線を活かした写真が撮れるのも この時期ですね。

京急 ドロボー侵入ヤメテ下サイ 

家屋に書かれた切なる訴え ひたすらに望む 心からの願いが伝わってきます。 やめといてやるかとなるのかな? 効果あるといいね!

京急 滝の川

神奈川宿を東西に分けた滝野川 現在、 流路のほとんどが 暗渠になってしまったが この辺りは、 今にも川に滑り落ちそうな 川にせり出した家が連なる場所

京急 石崎川の桜紅葉

大岡川の桜紅葉を見て 石崎川にも京急と一緒に撮れる 桜紅葉があったことを思い出します。 大岡川での京急と桜紅葉撮影翌日、 葉が落ちる前に行かなければと思い出掛けます。 鮮やかな石崎川の桜紅葉を撮影した後は、 ちょうど5年ぶりにありがた家で食事。 …

京急 大岡川の桜紅葉 2021 その8

毎秋恒例となっている京急と桜紅葉の撮影に大岡川に行っています。 桜紅葉を見ていつも思う事、それは、春の桜の花が完成された美なら秋の桜は、不完全な美であること 赤、赤み交じりのオレンジ、黄色など一枚一枚それぞれの葉が混じり合い独特の不完全な美…

京急 大岡川の桜紅葉 2021 その7

大岡川の桜、 春の若さ溢れる 今が旬だ見てくれと言わんばかりの美しさと違い 秋は、 渋くて落ち着いた大人の美しさを見せていました。

京急 大岡川の桜紅葉 2021 その6

大岡川と言えば 横浜の桜の名所として知られています。 春の桜の美しい場所なら 秋の紅葉の時期も美しいだろうと 期待して来る人で賑わいそうなもの。 しかし 秋の桜の彩は、見向きもされません。

京急 大岡川の桜紅葉 2021 その5

大岡川の11月のこの辺り、 桜紅葉がなければ 潤いのない 荒んだ肌寒い街だったろう。

京急 大岡川の桜紅葉 2021 その4

せっかく黄金町辺りまで来たので 何年かぶりに黄金家で食事。 満足できる食事をすると 先程までの もう帰ろうかなという気分も失せ 撮影に費やす集中力を取り戻し 桜紅葉撮影を続行しました。

京急 大岡川の桜紅葉 2021 その3

紅葉というと 銀杏は黄色、楓は赤というように 木それぞれの色を持っているけれど 桜の紅葉は、 赤、赤み交じりのオレンジ、黄色など 一枚一枚それぞれの色の葉が混じりあい 独特な色彩の世界を作っています。

京急 大岡川の桜紅葉 2021 その2

イロハモミジのような 上品な紅葉ではなく 桜らしい迫力のある紅葉でした。