京急 神奈川駅界隈

ここは横浜の歴史がぎゅっと詰まった地区

まず私が立つこの山は、
戦国時代初期に権現山城があった場所
扇谷上杉朝良(ともよし)の家来、
権現山城主の上田蔵人政盛は、
北条早雲(伊勢宗瑞)の謀に乗り離反

当時、扇谷上杉氏と山内上杉氏
対立していたけれど
共通の敵である早雲に接近し寝返った
上田蔵人政盛を倒すため連合軍を結成

1510年7月に
2万の大軍で権現山城を包囲して落城させます。

この権現山、
神奈川台場築造の土砂を採るため
幕末に削られて
当時より低くなっているそうです。

そして権現山と尾根続きだった場所、
線路の向こう側に建つ本覚寺

横浜開港時、アメリカの領事館となったお寺。

当時の領事館員達は、
当時日本には存在していなかった
西洋塗装法(ペンキ)で
建物の彫刻等を塗装したそうで塗装発祥の地

さらに
薩摩藩大名行列
横切ったイギリス人が殺傷された
かの「生麦事件」で
薩摩藩士に斬られ負傷した
イギリス人マーシャルとクラーク2人は
馬を走らせ本覚寺へ逃げ込み
ヘボン式英語を普及させた
医師であり宣教師でもある
アメリカ人のヘボン博士から
手当を受けたとのことです。

それから
この写真の奥に見える青木橋は、
品川~横浜(桜木町)鉄道建設で
1870年完成の日本初の跨線橋

初代青木橋の長さは
約5.8メートルだったそうです。

京急 上大岡の大岡川

横浜の副都心、
上大岡駅の西側を流れる大岡川
私が小学生の頃は川沿いに捺染工場があり
川の水はカラフルだった。

そして、
上大岡に住宅や商業施設が増えていくにつれ
どぶ川に変わっていき
暗渠にして
川の上を有効活用しようとの声も出たらしい。

そんな上大岡の大岡川だけど
1930年、黄金町~浦賀間開通時に架けられた
京浜急行本線最戸橋梁から久保橋の間には
親水歩道が出来るまでになりました。

最後にこの京浜急行本線最戸橋梁のことを

大岡川河口から6.3kmの場所に架かる橋梁で
完成したのは、
京急の黄金町~浦賀間開通前年の1929年(S4)
1径間鈑桁の構造で橋の長さは約33m
軌道は、複線です。

EH200(5160レ) 横浜中華街 延平門

手土産をもって
小田原に住む方に
会いに行くことになりました。

手土産、何にしよう・・・

横濱元町仏蘭西料亭 霧笛楼のお菓子とか
いくつかの候補があったけれど
結局、中華街の高級店で販売している
中華菓子に決めます。

デパートとかに出店していなくて
横浜中華街でしか買えない
高級料理店の中華菓子でないと
手土産の価値がないと思い
選んだのは、同撥のお菓子。

同撥は、
中華街の中にお菓子工場があって
中華街で焼いているというのも
選択の決め手になります。


平日だというのに
この日も中華街は大混雑。

店の前に私服の呼び込みがいるお店は
入ってはいけないお店なんだけど
呼び込みの人の口車に乗って
入店してしまう観光客を見かけて
あ~あ可哀そうになんて
心の中で叫んでました。

中華街のお店を利用するなら
入店前に食べログなどの
口コミに目を通すことをお勧めします。

ついでにお教えすると
安価な食べ放題のお店は、
お肉系や炭水化物のメニューが多くて
すぐにおなか一杯になるように工夫してたり
表の看板の料理写真より
一品の量がものすごく少なかったりします。

DD200ー3 本郷台

本郷台駅のホームのベンチに座っていたら
「間もなく1番線を列車が通過いたします」の
構内アナウンス。

この時間だと
総合車両製作所で造られた新車両を引き受けに
逗子へ行くディーゼル機関車かな?

港南台方面のホームの先までダッシュ!!

ホームに居た人たちから
何事だ?とみられているようで
ちょっと恥ずかしい

走りながらカメラバックからカメラを取り出し
ホームの端に辿り着いたところで
ホワイトバランスやAF動作、AFエリア
ドライブモードなどを慌てて設定します。

その時、トンネルのむこうから
DD200の姿が・・・

間に合ったぁ~

やって来たのは、
愛知機関区所属機・新鶴見機関区常駐の
DD200 3号機

E233系1000番台ばかり見ているこの区間
横浜線E233系6000番台が現れるだけでも
おっ!!と思うのに
こんな異端児と遭遇すると嬉しくなります。

横浜線E233系と富士山

今一番撮り続けたい
鉄道風景写真が
根岸線磯子以南を走る
横浜線E233系6000番台

当たり前のように
地元を走っているけれど
磯子止まりとか
桜木町止まりに
なってしまう事があるかも?

横浜線から大船駅までやってくる
横浜線の電車は
現在、午前中に3本

その3本中最後の列車824Kを
港南台駅前の
イオンフードスタイルを望む
高台から撮影します。

江ノ電305 白梅

2月10日、
和田塚駅近くの「空花」で
妻と次女夫婦とでお昼の会食

食後に妻が無心庵で
豆かんを食べてみたいと言う

今ランチを食べ終わったばかりなのにと思いつつ
無心庵はいつも江ノ電と一緒に撮影してるお店

オヤジ一人じゃ入りにくい甘味処なので
利用したことはなかったけれど
一度は入店してみたいなと思っていたので
これは、またとないチャンス

お店に入って
甘いものを食べるなんて何十年ぶりだろう

クリームあん豆かんを頂いたけど美味しかった~
立ち寄って正解!!

その後、妻と一緒に極楽寺

途中に寄った
御霊神社の事や極楽寺切り通しの事
忍性の事などを話しながら歩くも
妻は全く興味を示さず

妻の関心は、
由比ガ浜大通りの「鎌倉するがや」の
どら焼きと塩大福や
大仏通りの「弁天堂」の生最中

そこで極楽寺からは、
別行動をとることにして
妻は江ノ電で戻り
私は江ノ電撮影へ

極楽寺駅近くに
まだ5分咲きだったけれど白梅を見つけ
そこで300形が来るのを待ちました。

EF210 七曲から望む根岸製油所

七曲の撮影地、
陽のあるお昼過ぎは、もろ逆光になる

先日ここから撮った写真は、
カメラの露出補正をいじったり
 Lightroom Classicで調整したりして
機関車真っ黒を修正して
どうにか見られる写真に仕上げたけれど
やっぱりなんとなく気に入らない

この日は、雨上がりの曇り空
逆光を気にせず
素直な写真が撮れると思い再訪します。

循環水の冷却塔からでる水蒸気が
曇り空の色と混合してしまって
物足りない写真になってしまったけれど
黒くつぶれるもの何一つなく撮れました。


寒い日だったので撮影後は
1年振りに
斎藤家のラーメンを
食べて帰ります。(満足!!)