JR貨物画像展示場

EF65 2089  都橋商店街

大岡川沿いに気になる長屋風の飲み屋街があります。 それが都橋から宮川橋までの大岡川の緩やかなカーブに沿って建てられている都橋商店街。 商店街なんて言うと八百屋さんや魚屋さんなどの個人商店が立ち並ぶ通りを想像するけれど今現在のここは、2階建て…

東急5050系 甲種輸送 新杉田~磯子

次に根岸線を甲種輸送列車が走る時は、新杉田~磯子間で撮影しようとずっと前から考えていました。 それは、磯子駅から新杉田方面に向かい8分ほど歩いたところにある家系ラーメン店「いちばん家」のラーメンを食べてみたかったから 今日の東急5050系の…

EF210-121 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル遠望

横浜山手の紫陽花巡り、最初に観賞したのはブラフ18番館の庭に咲く紫陽花 5分後にEF65単機が眼下を通過する時刻だったので山の崖際に移動して今日は何号機が来るのかななんて思いながら待ちます。 アレレ、やって来たのはEF210 少し前から858…

EF210-113  三菱ドック踏切

横浜船渠会社後の三菱重工業横浜造船所の企業城下町だった戸部通りや岩亀横丁を歩きました。 朝は造船所に向かう人たちの下駄や雪駄の音、 昼に はボーっという汽笛の音が響き 日常生活に造船所が密着していた街の通りです。 そんな場所での撮影だから国鉄時…

EF65 県立図書館に続く道(紅葉坂)

受験勉強で県立図書館を使っていた頃を懐かしく思い紅葉坂を登りました。 県立図書館の玄関に閉鎖中の看板が立っている。 お隣の青少年センターに赴き経緯を訊ねてみると現在、新館を建設中で蔵書、資料の配架作業をしているので臨時に開室した閲覧室しか立…

EH200 高島貨物線・三菱ドック踏切

かって24時間体制で稼動していた造船所の正門の所にあり多くの労働者が渡った踏切 1983年春、三菱重工業横浜造船所(通称、三菱ドック)が閉鎖されてから車の入れないこの踏切は、一時期、寂れたけれどこの踏切の海側、みなとみらいが整備され高層マンション…

EF 65 2066  東急東横線廃線区間

横浜みなとみらいの再開発の波から取り残されてしまっているような東急東横線の廃線区間。 横浜市は、ニューヨークの観光名所として人気のある貨物線跡地を利用した空中緑道「ハイライン」のような公共空間づくりを目指して2021年度までに全区間を整備す…

EF65 2066 紅葉坂

紅葉坂に来ると県立図書館で受験勉強していた頃の事やその帰りに紅葉坂から見た造船所の何本ものクレーンを思い出す。 あの時の風景、なぜか寂寥感があった気がする。

EF65 都橋商店街

都橋商店街の2階からの撮影です。 都橋商店街は、大岡川のカーブに沿って湾曲した軽量鉄骨造2階建ての建物 これは、1964年の東京五輪の開催の際に見栄えの悪い路上で営業している露店を建物の中に収容しようということになりそのために建てられた「商店街ビ…

5692レ なぜかEF210 

小雨が降っていました。濡れるのが嫌だったので桜木町駅から大岡川をまたぎ横浜市庁舎まで続く屋根付きの橋、さくらみらい橋で5692レを待っていました。 15時5分、現れた5692レに付いていたのはなんとEF210 なんでだ~!! 数少ない根岸線を…

高島貨物線 子安浜 その5

江戸時代には幕府に海産物を献上する御菜八ヶ浦の一つとして栄えた「子安浜」明治期に入っても名産品の”子安浜のシャコ”をはじめ江戸前魚介類の供給地として知られます。しかし横浜港の埋立などにより漁場が失われ漁業は徐々に衰退。1971年に漁業権を放…

高島貨物線 子安浜 その4

運河に沿った”浜通り”という道から撮影しています。私の背後は、狭い路地が迷路のように複雑に入り組み木造の家屋が密集する住宅地となっていて貝やシャコの加工などで使われたという井戸が各所に点在していて昔ながらの漁師町の風景を残していました。

高島貨物線 子安浜 その3

横浜市神奈川区浦島町と子安通1丁目にまたがる子安浜かつて遠浅の砂浜であった海岸線は、埋立にともない運河となり船溜まりとなっています。

高島貨物線 子安浜 その2

京浜東北線の新子安駅を降り第一京浜を東神奈川方面に歩くと入江橋に差しかかります。 その入江橋の上から入江川の河口方面を眺めると高島貨物線の橋梁が見えます。 この日、最初のカットはここから 倉賀野(群馬県)からやって来る3090レを待ちました。…

高島貨物線 子安浜 その1

記事は書かず写真タイトルをキャプションとして1日一枚の写真を投稿し続けている写真ブログも運営しています。 そのブログに載せる写真が底をつき撮りに行かねばと思うも鉄道写真撮影を楽しみたい気分。 そこでその双方に対応できる場所に行ってきました。 …

EF210 高島貨物線 瑞穂埠頭

瑞穂埠頭の付け根を走る高島貨物線。 瑞穂埠頭といえば、在日米軍に接収されていて埠頭の3分の1は、日本人が立ち入れない場所になっています。 神奈川県には、そんな場所が12箇所も!! 県内米軍基地の現状 - 神奈川県ホームページ それらの米軍基地・施設…

EF65 2088  東高島駅北地区

3棟の高層マンション建設の為運河埋め立てが進む東高島駅北地区へ この地区を流れる入江川第4小派川と入江川小派台川を結ぶ長さ600mの運河、入江川小派常盤川。 船留まりとしても使われているこの運河、東高島駅北地区の開発により埋め立てが進みこの…

EF210 栄町界隈

横浜の失われる風景を求めて神奈川区を歩きました。 まず訪れたのは、栄町 横浜市卸売市場内に店舗を構える出川哲朗さんのご実家、海苔問屋、蔦金商店の線路を跨いだ正面にある家屋10数軒ほどが道路上に設置されているとされ今月22日までに所有者または…

EF65 2127号機 躑躅の中

大岡川の鯉のぼりと一緒に京急を撮影に行く途中ちょうど8584レが桜木町を通過する時刻だったので都橋から眺めてみます。 すると現れたのは残り1両となった広島更新色(通称カラシ) 京急撮影後は、黄金町まで行き家系ラーメンでも 食べようかと思っていた…

DD200  本郷台の躑躅

甲種輸送列車の牽引でDE10 1666号機の後を引き継いだDD200形ディーゼル機関車 この機関車を見ると子供の頃に持っていたグリコのキャラメルのおまけの乗り物を思い出します。

EF65 (8584レ)花屑 

大岡川に浮かぶ屑というと街を流れる汚れた川を想像するけれど屑の上に「花」が付くと美しい情景の季語になります。 花屑をかき分け進むSUPやお花見のクルーズ船の様子は、春の歓喜に別れを告げているように思えました。

EF65(5692レ) 桜色の川面

ピンクの桜の花びらが大岡川を染めていました。 それを見て私が子供の頃大岡川や帷子川を鮮やかに染めていた横浜の地場産業、横浜捺染を思い出しました。

EF65 終桜

風が吹くさほど強い風ではない それでも一斉に枝から花びらが離れていく その様子を見てもったいないことするなぁと思う 大岡川の川面に桜の花びらが辿り着き流れた 大岡川の「時」と一緒に流れた

根岸線EF65+コキと大岡川の桜

毎春の事ですが、桜の時期に大岡川界隈で撮影していると無性に唐揚や焼き鳥が食べたくなります。 そこでこの撮影地のすぐそばにある創業1913年の鶏肉専門店「梅や」さんでカラッと揚がって肉汁はジュワッの手羽餃子や梅やさんの唐揚の中でも特に人気のカ…

EF65 2068 立野小と仲尾台中の桜

最も桜が咲いていて欲しい場所 それは公園でもなく 街路でもなく 小学校や中学校 新しい年を迎えた時に 満開ならば、 その思いは強くなる

EF65 運河の桜

関内駅での妻との待ち合わせ直前に大岡川でEF65牽引の5692レを撮影。 5692レの通過時間が迫りカメラを構え始めると妻からのラインが入る。 今、スマホ見れないよ。 無視していたら着信音が鳴りっぱなし。 そわそわしながらの撮影 5692レ通過後、早足で関内駅…

EF65 2088 横浜の桜

横浜の桜、どこででも観れる 私の住む街にだって沢山の桜の花で華々しい場所もある。 でも、みんな同じ顔して咲いている横浜らしさがない そんな中でこの場所の桜は、横浜の桜であることを主張していました。

EH200 大岡川の桜 2022

大岡川の桜で列車撮影をする前に腹ごしらえをしておこうと思います。 時刻は11時半、この時刻ならたかさご家の取り放題,チャーシューの端材サービスまだ残っているかもと思い日ノ出町の駅前へ どんぶりの中にチャーシューの角切りがてんこ盛りそこから3欠…

東急5080系甲種輸送列車と山手の桜

例年ならば杉田坪呑の陽光桜が終わるとソメイヨシノが横浜中で咲き始めるのに今年は同時に満開を迎えました。なので今日の東急5080系甲種輸送を陽光桜で撮るかソメイヨシノで撮るか迷います。駅から距離がある場所の洋光台~新杉田の陽光桜を選べば今日…

EF210 イタリア山の雪柳

関内に妻と二人して行かなければならない用事がありその用事を済ませた後、今、イタリア山庭園の雪柳が綺麗だから行ってみる?と誘うも振られてしまい一人で雪柳を見てました。 イタリア山庭園の雪柳、根岸線の線路を隠すまでに成長していましたが花を付け垂…