江ノ電画像展示場

江ノ電355 七里ヶ浜俯瞰

江ノ電305号を 海を大きく入れて 撮影できる場所は多々あれど 355号で海を大きく入れて 撮影出来る場所となると限られてくる。 この日の300形は、 鎌倉側に付いていたので 坂を上って俯瞰写真を撮ることにします。 時刻は午後2時過ぎ すでに逆光と…

江ノ電 海の色

去年の今頃は、 驚くほど空気が澄んで 空も海も綺麗だったけれど 今年は、 「まん延防止等重点措置」期間中といえど 黄砂の影響もあるとはいえ なかなか綺麗な色が現れないな。

江ノ電355 かしわ餅

この中のあんなら 粒あんが好きだな。 小豆の原型が残っていて 食感も楽しめるから。

江ノ電 こいのぼり

腰越商店街 端午の節句は終わっていたけれど鯉のぼりは、この日までに片付けなければいけないという決まりもなくまだまだ優雅に泳いでいました。 端午の節句が終わってもまだ龍門を登り切れず登るの諦めちゃって下界で戯れてるようにも見えたけど

江ノ電 丸干し

小動の浜からの帰り道、腰越商店街を歩いていると平勝魚市場の軒先にスティールハンガーに刺さった小魚の丸干しが並んでいました。

江ノ電 藤

江ノ電 御霊神社の菖蒲

御霊神社の線路際の紫陽花たちは、 本殿裏の山側に移植されました。 警備員が出なければならないほどの 紫陽花シーズンの混雑を考えれば理解できます。 その御霊神社、 5月1日に 「境内は神域です撮影禁止」の看板が立ち 境内から江ノ電が撮れなくなりまし…

江ノ電 たたみいわし

相模湾沿いの神奈川県鎌倉市材木座海岸~藤沢市片瀬漁港にかけては特産品として知られ 古くから鶴岡八幡宮への神饌として奉納されていました。

江ノ電 小動の海

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、異例のゴールデンウイーク(GW)が幕を開けた。例年、全国から大勢の観光客を集める江の島や鎌倉といった湘南エリアは、人影もまばらで、すっかり静まり返った。大渋滞を引き起こす海岸道路(国道134号線)の通行規制…

江ノ電 踏切

振り返れば、 私の人生、踏切だらけだったかも・・・

江ノ電 鎌倉高校前の踏切

神奈川県は、まん延防止等重点措置に伴い、 ゴールデンウイーク期間中の 人の移動を極力抑制する観点から、 県立施設を臨時閉鎖。 鎌倉市内では、 4月29日(木曜日)から5月11日(火曜日)までの間、 「由比ガ浜地下駐車場」「稲村が崎駐車場」 「大仏前駐車…

江ノ電 外灯

江ノ電 カトリック藤沢教会

江ノ電から見える宗教施設 鎌倉を走っていることに加え 極楽寺や龍口寺のイメージが強くて 仏教寺院が多いように思えるけれど このカトリック藤沢教会や 鎌倉海岸キリスト教会、 日本基督教団鎌倉教会など 実はカトリック教会も多いです。

江ノ電305号 生命

生命を宿している それを感じさせる 御霊神社のタブノキ

江ノ電 藤沢の桜

毎年、下から見上げる桜 今年は、上から眺めました。

江ノ電 龍口寺の桜

桜のシーズンに江ノ電撮影に行ったらら外せない場所がここ龍口寺 寄り忘れでもしたら来年の春まで何かやり残した気分になるでしょう。

江ノ電 305号 龍口寺の桜

この日の300形は藤沢側についていました。 龍口会館に通ずる石段からの 桜と江ノ電定番写真に300形を使えず 刑場跡側に咲いていた小ぶりな桜を 300形に絡めました。

江ノ電 鵠沼の桜

閑静な住宅街に咲く桜 その下では、 ご近所に住む 幼子を連れた若いお母さんが 桜を背景に我が子の写真を撮っていました。 鵠沼の桜、 二人の繰り返される日常に 色どりを与えていました。

江ノ電305号 花桃

300形狙いでの花桃撮影 この日は、鎌倉側に300形が付いていたので 300形が来る時刻には、 後追いになる藤沢行の時でも 藤沢方面にカメラレンズを向けられる位置に 移動して300形を待ち構えていました。 しかしこの時は、 畑の持ち主である佐藤さ…

江ノ電355号 花桃 その3

片瀬の畑では、 冬と春つなぐ 赤、黄色、ピンク、白など 色々な色した花が共演していました。

江ノ電355号 花桃 その2

この日の薄曇り 花の撮影には、影が出来ず 花のやわらかさが出るので 適した天気とされますが 鉄道写真としては華やかさに欠けます。 そこで流し撮りして華やかさをだしました。

江ノ電355号 花桃 その1

ハナモモ咲く畑の前を行く人 皆、綺麗と感嘆の声を上げ 見とれていました。

江ノ電 日の丸セーラーズ号 「オリンピック」

日本国内での聖火リレーが始まった。 オリンピック開催への気運が高まる。 しかし 東京オリンピック・パラリンピックを 「中止すべきだ」「延期すべきだ」と 考えている人は 公益財団法人の新聞通信調査会が 20年12月~21年1月に行った調査で 日本で…

江ノ電 春いわしの丸干し

腰越商店街の魚屋さんの店先に 春イワシの丸干しが ぶら下がっていました。

江ノ電 花桃

ハナモモ、 梅や桜に比べ見た目がゴージャスで 迫力のある花木。 それだけに幅広く色々な雰囲気の 鉄道写真に仕上げることが出来 創作意欲がわきました。

江ノ電 龍ノ口刑場跡

多くの伝説や歴史の宝庫である腰越。 知られている史跡の一つが、 鎌倉時代に龍口を中心として 腰越にあった刑場跡でしょう それにしても頼朝は、 なぜ龍口を処刑場の地に選んだのでしょうか。 鎌倉の外に処刑場を造りたかったのなら 頼朝が鎌倉入りした当時…

江ノ電 稲瀬川畔

新田義貞の鎌倉攻めの時、 1333年5月18日、中央軍が州崎の戦をしている時、 右翼軍を率いた新田軍の将・大館宗氏は、七里ガ浜を突進して極楽寺坂、 霊山の北条軍に相対します。 その夜、 宗氏は自ら十一人の突撃隊を組織しました。北条陣営の後方撹乱…

江ノ電 「日の丸セーラーズ号」 長谷界隈

鎌倉大仏が鎮座する高徳院の最寄り駅である長谷 海外からの観光客の姿がなくなり 日本を代表する観光地の様相がなくなっています。 東京オリンピック・ パラリンピックの開催も流れるだろうし 仮に開催を強行する事にしても 海外からの観客受け入れは出来な…

江ノ電 影

お昼を過ぎれば 路面に商店の影が落ち 車両が陰ってしまう腰越商店街区間 商店と商店の隙間から差し込む光が こんな素敵な影を作っていました。

江ノ電 355号 三寒四温

暖かな日差しと 冷たい風が綱引きしていました。