江ノ電画像展示場

江ノ電 花菖蒲

この季節、江ノ電沿線の花というと紫陽花ばかりが注目されるけど花菖蒲も優雅に咲いています。

江ノ電 「サンライン号」

湘南に沈む夕日を表現した「サンライン号」が何か言いたげにゆっくりと近付いてきた。 明日の太陽を見たくないと思ってる子が今この時もいるなんて思うと辛い それなのに小学生だったあの時も、大人になってからのあの時も行動に移せなかった。 今思えば難し…

江ノ電 Otakusa

西洋紫陽花を見る度、お滝さんと2歳の娘イネ、その後どうなったのかなどんな生涯を送ったのかなと気になっていたけれど特に調べることもなく今日に至ります。 暇だったので先程調べてみたらイネは当時では稀な混血ゆえに差別を受けながらもシーボルト門下の…

江ノ電300形と稲村ガ崎の紫陽花

アジサイの花をゆっくりと蝸牛が登っていました。その蝸牛にピントを合わせて撮ってみたけどこの場所の雰囲気も紫陽花も300形も蝸牛もと欲張りすぎて小さい蝸牛の存在感を出せなかった。 蝸牛を見たのって何十年ぶりだろう・・・

江ノ電 スナップ

藤沢市鵠沼藤が谷4 下校時、いつまでもこうして長く短い時間を過ごすことがあったよなと懐かしくなった。 思い出はモノクローム

江ノ電300形 デルフィニウム

線路に沿った道に咲くデルフィニウムこの花の花言葉にもあるように道行く人たちを癒し幸福をふりまいていました。

江ノ電355 腰越商店街の写真

腰越商店街のシンボルともなっている『星野写真館』を撮り込んで300形を撮ろうと待っていました。 列車接近表示器に電車接近の文字が点灯し300形が近付いてきてさあ撮るぞと身構えた瞬間、背後から車が滑り込んできて列車をかわす為に停車してしまいま…

江ノ電300形 満福寺

江戸時代、義経が浄瑠璃・歌舞伎の中で悲劇のヒーローとして描かれたことで判官びいきの人達にウケて義経ゆかりの満福寺には江の島詣のついでに立ち寄る人も多かったといいます。 この寺の本堂には、鎌倉彫の技法を取り入れた漆画で、吉野山での静御前との別…

江ノ電300形 龍ノ口の由来

龍ノ口と言えば五頭竜の口の部分になる場所 龍ノ口で最も残念に思ったのは龍口明神社元宮の拝殿が鳥居だけを残しなくなってしまったことかな。 龍口寺のお隣、お寺に向かって左側の石段の上の流れ破風造りの古びた社殿に掲げられた龍の彫り物は、立派だった…

江ノ電300形 腰越駅

2022年9月16日に極楽寺駅と鵠沼駅が無人化され今年3月稲村ヶ崎駅も無人化今や江ノ電の有人駅は鎌倉駅、長谷駅、七里ヶ浜駅、江ノ島駅、藤沢駅、そしてここ腰越駅のみ 七里ヶ浜駅と腰越駅は車いす対応昇降機を使わないと駅の出入場が出来ないから有人…

江ノ電 片瀬

片瀬という地名を見て瀬の意味から考えてこの辺りの境川は昔は水深が浅く水の流れが速いエリアもありその片側(左岸)を片瀬と言ったのだろうと勝手に解釈していました。 ところが藤沢市が刊行する「身近な川と水辺 藤沢の自然6」に島陰で力の弱い波が引く…

江ノ電300形 鎌倉高校前~腰越

今は、「鎌倉高校前1号踏切」だけでなくこの辺りや腰越駅近くまですれ違うのは、外国人観光客ばかりになりました。 スラムダンク 公式 グッズのお店とか日本でしか味わえない食べ物屋さんを充実させるとかこの来日客達を腰越商店街まで呼び込む策を練り鎌倉…

江ノ電 満福寺の地蔵

子供や水子の供養と結びつくと親の気持ちが伝わりお地蔵さんへの見方が変わります。

江ノ電 龍口寺の石灯篭

石灯篭とか鳥居の近くを歩く度今、地震来るなよ!!とドキドキします。

江ノ電 上州屋さんの片瀬まんじゅう

建物老朽化の為現在の建物を取り壊し再建することになり先日19日をもって休業となった1828年(天保元年)創業の和菓子店、上州屋さん その上州屋さんの名物と言えば「片瀬まんじゅう」 この片瀬まんじゅうは、温泉饅頭の元祖である伊香保温泉の湯の花饅頭…

江ノ電300形単行  陣鐘山と新田義貞の鎌倉攻め

後醍醐天皇の綸旨を受けた新田義貞が鎌倉攻めの際、霊仙山で防衛線を敷く北条軍と睨み合いをしていたのがこの写真の山、陣鐘山です。 そしてこの山に陣を敷いたのが1333年の今日、5月20日でした。 鎌倉に迫った新田軍は、隊を三つに分け新田義貞率い…

江ノ電 龍口寺門前

龍口寺門前で江戸時代の天保元年(1828年)に店を構えたお饅頭屋の上州屋さん 今の建物での営業は、今日が最後老朽化した建物は解体され来年の夏頃に生まれ変わって営業再開予定との事 この日は、しばしの別れを惜しみひっきりなしにお客さんがいらしていま…

江ノ電 赤

腰越商店街を歩いていたら強烈な赤が目に飛び込んできました。 このインパクトのある色、赤と聞いてあなたがイメージするものは何? みんなのランキングというサイトが「赤いものと聞いて思い浮かぶものは?」という一般名称での投票を募ったところ1位りん…

江ノ電 腰越駅

腰越駅、「チーム腰越」による折り紙装飾があったり腰越駅の駅員さん達が江ノ島駅の駅員さんの協力を得て作り製作の苦労話が添えられたタイル画があったり改札口の脇に掲げられたホワイトボードには駅員さんの心温まるつぶやきが・・・(男の駅員さんになっ…

江ノ電300形 龍口寺門前の上州屋

空腹でちょっとイライラしかけていたけれど食事に時間を使ってしまうと商店街の路面に建物の影が落ちて江ノ電の車両が陰ってしまう時間帯になってしまう それは困るので肉のねむらさんのローストビーフコロッケの食べ歩きでもと思ったらネムラさんお休み そ…

江ノ電 腰越3号踏切道

敷地の広い家々が建ち並ぶ閑静な住宅街が広がる山を下る坂の向こうは海 子育て世代が多い地域です。

江ノ電 七里ヶ浜・腰越の海

朝、ベッドから見えたのは青空、窓を開けると清々しい風が入って来た。 こんな日は、「海と江ノ電」を撮りに行きたいな。 国道134号線、車が数珠つなぎ初夏の光と風に誘われて皆、海に遊びに来たのかな? 海を撮り込もうとすると車まで入り込んでしまい狙…

江ノ電 緑の疾風

五月の緑には勢いがあって迷うことなく真っ直ぐに駆けていました

江ノ電355 新田義貞 鎌倉攻め古戦場

今にも雨が降り出しそうな気配を感じ霊仙山からの俯瞰をこの日の最後の江ノ電撮影にしました。 私が立つ霊仙山、鎌倉時代は極楽寺の境内で住職の忍性は、山頂に塔頭・仏法寺という一院を建てて住居としていました。 また 1333年のちょうど今頃(5月18日~)…

江ノ電355 極楽寺隧道の緑

300形が鎌倉側についているのを江ノ電列車位置サイトで確認そこで境内撮影禁止になってから訪問回数が激減している御霊神社に行き千歳開道を飛び出してくる355号をトンネル周りの新緑と一緒に撮ろうと思いました。 曇り空ではあったけどそれで夏日には…

江ノ電355 坂の下の緑

お小遣いで買っている横浜駅までの定期券が使える間は、横浜駅までのどこかしらを撮影地に選びます。その定期券の有効期間が終わると次に横浜駅までの定期券を買うまでの間鎌倉・湘南、西湘、横須賀など横浜駅と反対方面の地を撮影地に選ぶのがいつもの習わ…

江ノ電 ~そんなこともあったよね!!~

神奈川県は、まん延防止等重点措置に伴い、ゴールデンウイーク期間中の人の移動を極力抑制する観点から、県立施設を臨時閉鎖。 鎌倉市内では、4月29日(木曜日)から5月11日(火曜日)までの間「由比ガ浜地下駐車場」「稲村が崎駐車場」「大仏前駐車場」「材…

江ノ電 極楽寺「桜橋」

ゴールデンウイークが始まりました。鎌倉などの観光地は、家族連れなどの観光客で大賑わい。 私の職場は、管理職ともなれば働き方がうるさくなった近年までゴールデンウイーク中など繁忙期は、休みの日でもちょこっと職場に顔を出し作業を手伝わざるを得ませ…

江ノ電300形 御霊桜

御霊神社の祭神は、平安時代後期の武将で鎌倉武士団を率いた鎌倉権五郎景政 鎌倉権五郎景政は、「後三年の役」で征矢(せや、戦闘用の矢)で右目を射られた時「弓箭(きゅうせん)にあたって死ぬことは武人として望むところである」と言っています その時の…

江ノ電305 白梅

2月10日、和田塚駅近くの「空花」で妻と次女夫婦とでお昼の会食 食後に妻が無心庵で豆かんを食べてみたいと言う 今ランチを食べ終わったばかりなのにと思いつつ無心庵はいつも江ノ電と一緒に撮影してるお店 オヤジ一人じゃ入りにくい甘味処なので利用した…