根岸線画像展示場

JR根岸線 GREEN

港南台~本郷台 春の気配を感じた頃から 紅梅、白梅、ピンクや白のハナミズキ ヒノデツツジ、アザレア、さつきと 目と心を楽しませてくれたこの場所の花々 今、それらの花々の色に勝るとも劣らない 輝く緑色に包まれています。

JR根岸線 ハナミズキ

毎年、春が折り返す頃 このハナミズキが私の目に入ります。 そして頭の中で歌うのです。 薄紅色の可愛い君のね果てない夢がちゃんと終わりますように君と好きな人が百年続きますように

JR根岸線 紅梅

緊急事態宣言が発令されてから ほとんどの日を 家に引きこもって過ごしているけれど 窓越しに温かそうな日差しをみると その日差しを浴びたくなる。 そんな日は、 ご近所の公園巡り ベンチに座ってざっしのページをめくったり ウトウトと昼寝をしたり まるで…

JR根岸線 冬麗

時折体に纏う風は冷たいのだけど 目に見える空気は暖かな冬の日 開放感があって 時間に身をゆだねることが出来る こんな日を冬うららと言うのだろうな。

JR根岸線 富士山

昨日、長女から「富士山綺麗だよ!!」と 富士山の写真付きラインが届きます。 その写真を見て 「富士山と江ノ電」を 撮影しに行きたくなったけれど いまだ緊急事態宣言下、 江ノ電の線路端で カメラを持ってブラブラしてたら あきらかに遊びで来てると分か…

JR根岸線 イタリア山の紅葉

今の時期、 イタリア山に登り ブラフ18番館の 2階の格子入り窓から 銀杏の葉が敷き詰められた 庭を撮るのが恒例となっています。 今年も行ってみたら 新型コロナウイルス感染対策で 2階には入れないとの事。 1階はOKで 2階はダメってなんで? 窓を少し開…

JR根岸線 12月の雨の日

12月の雨の日 作曲:大瀧詠一作詞︰松本隆 水の匂いが眩しい通りに雨に憑かれたひとが行き交う雨あがりの街に風がふいに立る流れる人波をぼくはみている雨に病んだ飢いたこころと凍てついた空を街翳が縁どる雨あがりの街に風がふいに立る流れる人波をぼくは…

秋眩惑

JR根岸線 石川町~山手

JR根岸線 鍛冶ヶ谷の山茶花

JR根岸線 港南台~本郷台 横浜市栄区鍛冶ヶ谷 ここは、鎌倉の丑寅にあたっていたため 鬼門厄難除けのため虚空蔵菩薩を安置した 正翁寺という寺を源頼朝が建立した場所。 鍛冶ヶ谷と言う地名が示すように 古代から農具などを作る 鍛冶達が住んでいた場所です…

JR根岸線 都橋の桜紅葉

大岡川の都橋の袂にある桜の木 春には皆さんスマートフォンを向けて 大人気の桜です。 秋の赤と黄色には、 興味を抱かれません。 美しいのになぁ~

TIME

PINK FLOYD 「TIME」 カチカチと刻まれる一瞬一瞬が 退屈な一日を作り上げるけれど あなたは何の準備もせずに 時間をつぶしムダにする 地元の狭い土地をうろつきながら 誰かか何かが 行くべき道を 示してくれるのを待ちながら JR根岸線 関内駅2番線ホームに…

JR根岸線  移り色

大岡川の桜 秋のお化粧中でした。

JR根岸線 そぼ降る雨

舗装された日常の道であっても 雨に濡れた姿は風情を感じる

JR根岸線 ハナミズキの紅葉

我が街の紅葉 先陣を切ったのはハナミズキでした。

JR根岸線 9月の百日紅

9月といっても 夏の名残の夕立ちに襲われた今日、 百日紅も まだ夏にしがみついていました。

JR根岸線 TIME

「時間(時)と空間」や 「時間(時)と存在」は、 常にそれで一つ 存在するすべてのものは、 時間を構成しているように思う

JR根岸線 横浜の夏

横浜の鉄道風景の中で、 どなたが見ても 「横浜」と分かって戴ける写真の撮れる場所。 遠くにマリンタワーや横浜ベイブリッジを望む 好きな撮影地の一つです。 夏の空に百日紅の紅が映えていました。

JR根岸線 サルスベリ

NHKのテレビ画面では、 熱中症に厳重警戒 外出を控えて 屋外での運動は控えてとテロップ 放映されていたのは甲子園

JR根岸線 夏なんです

私の好きなサマーソングは、 はっぴーえんどの「夏なんです」 近年は、 この曲で表現されているような けだるい夏の空気感は 酷暑でなくなってしまったね。 ♪♪♪♪♪♪♪♪----♪♪♪♪♪♪♪♪----♪♪♪♪♪♪♪♪田舎の白い畦道で埃っぽい風が立ち止る地べたにペタンとしゃがみ…

JR根岸線 本郷台のサルスベリ 

午前中のここでの根岸線撮影では 35度を超える猛暑に耐えられず すぐさま退散。 暑さもいくらか我慢できる 夕方5時過ぎになり再訪します。 この時刻になると サルスベリも陰の中に 露出補正をかけて白を際立たせます。

JR根岸線 サルスベリ 2020

ここのサルスベリを写し込んだ根岸線撮影 毎夏、流し撮りなどして楽しんでいます。 例年は、シャッタースピード 1/20秒前後での流し撮りですが 今年は、1/8秒に挑戦してみます。 1本目、失敗 10分後の2本目、またも失敗 さらに10分後の 3本目こ…

JR根岸線 アガパンサス

終わりかけの紫陽花の前で アガパンサスが活き活きと咲いていました。

JR根岸線 本郷台2丁目の紫陽花 Ⅱ

紫陽花、 もう傷んでるのではないか 色褪せているのではないかと心配でした。 曇りの日の夕方に撮る写真は、 青みが強く出ることにちょっと期待 色がはっきりと出る この日の曇り空も味方になりました。

JR根岸線 本郷台2丁目の紫陽花 Ⅰ

今にも雨が落ちてきそうな梅雨空 写真を撮る身にとって一番中途半端な天気 陽が出ていれば良し!! いっそ雨なら雨で それに適合した 鉄道風景写真が撮れるというのに そんな中で紫陽花写真なら しっとりとして 落ち着いた写真が撮れると思い 10年ぶりに 根…

JR根岸線 大岡川の川辺

大岡川のこのあたりの風景、 魅力的だと思う。 大岡川が作り出した 街の生業の歴史 人々の生き様の歴史 そして今も残る ダークサイドな側面と歴史 それらをひっくるめた 街の魅力

JR根岸線 GREEN その3

本郷台~港南台 この時の気温は24度 夏の気配を感じながらの 御近所お散歩でした。

JR根岸線 GREEN その2

本郷台~港南台 1/15秒 F29 ISO 100 今日のご近所お散歩での撮影テーマは、「新緑」「緑」「初夏」流し撮りで‘最も美しい嘘’を作り出して時間潰ししていました。 「芸術というものは、嘘のうちで最も美しい嘘です。」クロード・アシル・ドビュッシー

JR根岸線 GREEN その1

買い物を頼まれて駅前のスーパーへ 夕方5時近かったけれど まだまだ明るいので線路端に立ち寄り撮影 初夏の緑色が自粛で鬱な気分を和らげてくれました。

JR根岸線 躑躅

一日に一度は、外気に触れたくて 小雨降る中、ご近所お散歩。 お散歩途中に立ち寄る 地元、あーすぷらざの躑躅 5月4日になると ほとんどの花が傷んでしまっていましたが 躑躅の山の一角だけが まだ美しさを保っていました。

本郷台のツツジ E233系 6000番台

JR根岸線の本郷台には、 9時台に2本(700K、840K) 10時台に1本(826K)の 横浜線から乗り入れてくる E233系6000番台が 顔を見せます。