EF65 2090 竹之丸のススキ

貨物列車運行区間の 根岸線で 秋に出会えるのは、 この辺りだけかな。

EF65 2086 第2竹の丸トンネルの秋

根岸駅の貨物発線に 5692レのタンクとコンテナが 珍しく長編成で置かれていました。 いつもは、タンクが付いていなかったり 空コキだったりするのに・・・ これだけの多い荷を牽くのは 何号機なのか気になって 十数分後にこの荷を取りに来る 8584レ…

D51 833 (866レ) 

1973年7月29日 夏休みを利用して 横浜からやって来た中学1年生は、 ここ山陰で初めて D51型蒸気機関車に出会います。 あれ?僕が知っている 写真で見慣れたD51じゃないぞ やって来たのは、 見たことのなかった変形デフ (後藤工場改造のG-5型…

D51 833 安来~荒島 1973年7月29日

ペンタックスSPF ネオパンSS 米子から戻ってきた G5’タイプの後藤式デフを装備した D51 833号機を 荒島駅に近い 安来~荒島の間の直線コースで撮影します。 ここで撮影したのは、 この863レが荒島駅で 隣接するセメント工場に 貨車3両を置いて行…

C11 80 会津若松駅

1973年7月24日、 横浜の中学1年生の少年は、 夏休みを利用して 2度目の会津線C11撮影を 福島・会津磐梯周遊券片手に 単独で行っています。 上野駅23時50分発の ばんだい5号に乗り ほとんど眠れぬまま 早朝、5時10分に会津若松駅へ 会津…

C11 19 会津線上三寄 1973年6月2日

会津若松を早朝の5時42分に出た 1391レは、 上三寄駅でいなわしろ31号との 列車交換を行うため 6時42分から 7時9分までの27分間、 この上三寄駅に停車します。 上三寄駅の手前、 上三寄駅と門前駅の間に広がる 水の張られた田んぼの中から …

C57 5号機 米子駅構内 1973年7月31日 

鳥取県日野郡にある 母方の祖母の実家にお世話になった 1973年の夏休み、 横浜に帰る前に 米子で蟹を食べさせていただくことになり 伯備線で米子駅へ ホームに降りるとC57の姿 境線の685レで C57の原形を残す5号機でした。 ずっと見ていたい …

D51 833  山陰本線 荒島駅

1973年7月29日 山陰本線荒島駅にて 13歳の夏休み。 SL撮りたさに祖母の実家があった 伯備線の生山の親戚の家にお世話になり そこから山陰本線に出向いています。 この後藤デフを付けた D51833号機には、 この日3度出会い 全てカメラに収め…

DE10 1666  秋の気配

ハナミズキの赤茶色、 ヒノデツツジの暗紅色、 ススキの金色など 眼下は、 秋を感じる色で 埋め尽くされていました。

江ノ電 腰越のススキ

降り注ぐ腰越の光に輝くススキが 七里ヶ浜の白波のようでした。

江ノ電 ススキと海

江ノ島電鉄株式会社の オフィシャルビジュアルも務める 湘南風景写真家、 市川紀元さんの写真展が 片瀬すばな通りの Gallery-Tで開催されており そこで2年ぶりに市川さんとお会いし 江ノ島電鉄の車内・駅ポスターを 手掛けるようになったいきさつなどを 伺…

東急3000系中間車4両甲種輸送列車とススキ

今日の東急3000系中間車4両甲種輸送は、季節感を出したかったのでススキのある場所で撮ろうと考えていました。何か所か候補地はあったのですが港南台での洗濯機の買い物に思いのほか時間がかかり結局、選んだのは地元の駅近くススキありきで選んだこの場所、…

C57 客544レ 島根県安来市荒島町 1973年

母方の祖母の実家が 伯備線の生山にあり 中学1年生の時の 1973年 そこに泊めてもらい 山陰本線に 蒸気機関車の撮影をしにでかけました。 この544レは、 当時、本州における唯一の C57が牽引する客車 浜田を早朝6時03分に出て 米子までずっとC…

C57 41 山陰本線 荒島~揖屋

PENTAX SPF ネオパンSS 1973年7月29日 当時、中学1年生だった横浜の少年は、 夏休みを利用して 伯備線の生山、 鳥取県日野郡日南町にある 母方の遠い親戚の家に泊めてもらい 山陰本線の蒸気機関車を撮りに行っています。 この日に撮影した列車を時系…

EF65 2086 Yokohama stadium

よっしゃ!と叫んで 気持ちよく眠りにつきたいのに 朝刊のスポーツ欄を見て ニヤリとしたいのに 小さなストレスしか与えてくれない。

EF65 2092と大岡川のススキ

コキ+タキの5692レ この日は、タンクもなく 積み荷もない空コキで寂しい姿。 賑やかな大岡川のススキと対照的でした。

EF210 石川町駅俯瞰

時々、石川町駅から大丸谷坂を登り 山手の山からみなとみらい方面を望む。 新しい建物が次々に現れ 横浜スタジアムが見えなくなり ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテルも見えなくなり ランドマークタワーは、半分身を隠し 横浜らしい景観が失われ…

江ノ電305号 腰越商店街のハロウィン装飾

素朴な商店街で 可愛らしいハロウィン装飾を見かけると 心が和みます。

シーサイドライン 生活路

シーサイドラインも 夕照橋も なくてはならない生活路

EF210  活力

大岡川界隈の植物、 今では桜や柳などの 人の手によって植えられた木々ばかり その中で 自然の力で育つ薄を見つけ 活力を感じました。

EF210  江之浦

この撮影地に着くまでの道中、 眼下の東海道線に小さな踏切があって そこで野生の猿に遭遇しました。 早川や片浦地区、真鶴までの 東海道線に沿って 行動している日本猿の群れは、 60年以上前に 観光資源として餌付けされたのが始まり。 1970年代に餌…

江ノ電355 満福寺/義経

義経ゆかりの寺、満福寺が 世情に疎いおバカな義経を 悲劇のヒーローのように扱う擁護には、 ちょっと辟易としてしまいます。 頼朝は、 後白河法皇の院宣によって木曽義仲の追討、 次いで平家討伐の戦をする事になり 二軍を編成したのだけど、 それらの戦の…

江ノ電 ススキ 2021年版

江ノ電線路端の彼岸花の開花が まだ5割から8割だった4日後 満開の彼岸花を期待して再訪。 しかし驚いたことに お目当ての場所の彼岸花は、 干からびていました。 まだ数日後だったというのに・・・ 台風14号のせい?? 彼岸花は諦め 鎌倉高校前駅と腰越…

江ノ電305号 彼岸時の龍口寺

普段は、 門前での江ノ電撮影に終始する龍口寺、 お彼岸の時期は、境内も覘くのが常。 このお寺は、 知る人ぞ知る彼岸花の名所 沢山の白や赤の彼岸花が 境内のあちらこちらに咲いています。 300形が来るまでの間、 この寺の彼岸花を撮影して 時間をつぶし…

江ノ電305号 石上の彼岸花

石上といえば、 かっては 沢山の赤い彼岸花と合わせて 江ノ電が撮れることで 知られた撮影地でしたが、 今では、 江ノ電と絡めるのが難しくなりました。

江ノ電 路傍の彼岸花

夏の草が枯れたのと入れ替わりに 彼岸花が顔を出しました。

江ノ電305号 彼岸花畑

この彼岸花群生地には、 10年以上通っていますが、 畑の奥の木々が成長し 列車を隠すようになってしまいました。

江ノ電305号 片瀬の彼岸花

畑に沿う道に立ち 彼岸花を入れた構図を考えていたら ラッキーなことに 畑の持ち主である佐藤さんが 畑仕事に現れました。 佐藤さんや佐藤さんの奥さんとは、 数年前から 顔なじみになっていたので この日も 畑に入っていいよとお声掛け下さりました。 お陰…

江ノ電355 陣鐘山

新田義貞、鎌倉攻めの際、 霊仙山で防衛線を敷く 北条軍と睨み合いをしていたのが陣鐘山。 この陣鐘山の南端は、 江ノ電 稲村ガ崎駅のすぐ近く もちろんあの小高い山に 新田軍の総勢が展開出来るわけもなく 新田義貞が最初に本陣を構えた 音無川上流の聖福寺…

江ノ電300形 月影の谷戸

中世には 49の塔頭・子院を備えていた極楽寺 私が立っているこの撮影地、 霊仙山の頂にも 仏法寺という寺があり 写真に写されている谷戸は、 江戸時代に稲村ケ崎小学校の奥、 西ケ谷に移されるまで 月影地蔵があった場所で 月影が谷といいます。 この谷戸…