神奈川県外の路線画像展示場

東北本線 夏草や つわものどもが 夢のあと

芭蕉と同じ気持ちになってこの風景を眺めていました。

仙山線 山寺

みちのく四寺廻廊、線路を見つければ間近の時刻に列車が来ないかその場所の最寄り駅の時刻表をスマートフォンを取り出し調べながら旅してました。 通称『山寺』と言われている立石寺の五大堂から眼下の仙山線の線路を見て山寺駅の時刻表を検索 16時1分、…

山形 置賜地方のつばさ138号 

米沢ラーメンを食べて店の外に出ると新幹線が畑の向こうを横切るのを見ました。 あんな所を奥羽本線が走ってるんだ ちょっと待てば再び目の前を列車が通るのなら撮りたいなと高畠駅の時刻表を確認します。 山形県と宮城県の県境の山々を背景にして高畠駅11…

東北本線 平泉 2022.11.8(火)

世界遺産だからなど関係なく歴史好きとしては一度はこの足で立ってみたい場所その街の雰囲気を感じてみたい場所が平泉でした。 中尊寺の境内、月見坂の弁慶堂の近く東物見台から源義経が最期を迎えた戦いの場である北上川と衣川が合流する辺りを眺めていると…

一畑電車 出雲大社前

倉敷美観地区、姫路城、神戸、天橋立、 出石城下町、餘部鉄橋、鳥取砂丘 足立美術館などを巡ったツアーの 最後は出雲大社。 出雲大社の境内を歩いていると 一畑電車の出雲大社前駅まで 徒歩10分という案内板が目に留まります。 出雲大社参拝に割り振られた…

DE10-30

2019.1.12 小学校の同級生3人での房総半島の旅 宿泊地の白浜へは、 房総半島を横断して大原に出るルートでした。

新幹線お掃除の天使たち

60歳を過ぎて、 私はこの仕事を パートから始めました。 親会社はJRだし、 きちんとしているし、 それに掃除は嫌いではありません。 でもひとつだけ 「お掃除のおばさん」を していることだけは、 誰にも知られたくなかったんです。 だって他人のゴミを…

アメ横

アメ横の歳末の賑わいに触れたくて 昨年暮れに訪れます。 アメ横の歳末といえば、 海老や鮪、数の子、昆布をはじめ 毛ガニと称するクリガニや タラバガニと称するアブラガニ そして大袋入りのお菓子がところ狭しと 並んでいた昔の記憶。 それが、中国系の食…

のと鉄道 Ⅲ

穴水駅に列車が入線してきました。 「NO TO GO」って 「行かない」「行きません」って どういう事??? あ~、能登GOか!!! でもここは、能登 GOって違和感あるな~ ああ!!のと号か!! ホームに停車した車両のラッピングを見たら マジンガーZやデビル…

のと鉄道 Ⅱ

能登中島駅で下車したのは、 この駅に保存されている 区分室(扱い便)郵便車、 オユ102565の内部を見学する為でした。

のと鉄道 Ⅰ

10月31日から1泊2日で能登半島一人旅 羽田空港からANA747便に乗り 能登半島に入ります。 のと里山空港を後にし のと鉄道穴水駅へ 能登中島駅まで 七尾北湾を眺めながら この車両に乗りました。

有楽町駅前瞬景

鈴木知子さんの作品展 銀座ファイブの 2階にあるギャラリーで 開催されていると思い込み 行ってみたらガラーン... ギャラリーがなくなってる⁉ スマートフォン取り出し 鈴木知子さんの Facebookに入って ギャラリーの名を確認。 富士フォトギャラリー銀座で…

有楽町で逢いましょう

「有楽町で逢いましょう」って 私が生まれる前の歌謡曲。 名曲と言われているけれど 聴いた記憶がありません。 それでも 有楽町に来ると 「有楽町で逢いましょう」という センテンスが浮かぶ。 この時もそうでした。 YouTubuで 「有楽町で逢いましょ…

東京国際フォーラム

先日(23日)、 富士フォトギャラリー銀座で催されていた 写真家 鈴木知子さんの個展に伺います。 おっ、やっぱり... この写真を出展されてるなと 彼女のフォトブログで 強く印象に残っている 作品も数点あり そのような写真との プリントでの再会に グッと…

えっ!!なんで~!! DL大樹代行運転

初日は、日光観光 2日目は、SL大樹撮影という計画を立て 20日から21日にかけて出掛けました。 宿泊は、鬼怒川温泉 SL大樹1号を撮影するのに適した 8時台の下今市方面への 各停列車もバスもない為 鬼怒川温泉から歩きます。 東武ワールドスクウェ…

水辺のプラットホーム

水があるというだけで 日常とは違った場所にいるという感覚に浸れる 電車を待つ人たちにとって それは、気持ちをやわらげ くつろぎの気分を得ることの出来る 効果があると思う。

釣り堀

せわしなく時が流れる都会の中で ゆったりとした時間を享受できる人が羨ましい。

お壕

ビル達に遮られ 空さえも見えなかった 街を歩いていたものだから 水のある この空間に癒されました。

外堀

本社で会議。 せっかく東京まで来たのだからと 四谷から飯田橋まで外堀に沿って歩きました。

Street Life

大学生の時、 新宿のマイシティーの中にあった プレイガイドで アルバイトをしていた。 ちょうどその頃(1979年)... 発表されたThe Crusadersの 「Street Life」の詩の光景は、 新宿の街に重なっていた。 新宿をスナップしようと思った時、 新宿のイメージ…

また会おうね!!

東京駅 東海道新幹線ホーム

甲府

甲府・石和温泉旅行2日目(7日) 午後からは、武田信玄ゆかりの寺・史跡めぐり。 それに先立ち まずは、ほうとうの名店‘小作’で腹ごしらえ。 足が痛くなるほど 信玄ゆかりの寺・史跡を歩き回り 甲府駅に戻ってきますが、 乗車予定の スーパーあずさの時刻…

大蔵経寺山からの俯瞰

石和温泉に来てから ずっと気になっていた山がありました。 それが、大蔵経寺山 あの山の中腹から中央本線を俯瞰してみたい で、登ります。 甲府市と笛吹市の境にある大蔵経寺山は、 奥秩父山地の南端に位置する山 あとで知ったのだけど 山梨百名山の一つだ…

石和温泉 ぶどう畑 Ⅱ

甲府旅行2日目(7日)は、 信玄ゆかりの寺巡りをしようと思っていました。 時間はたっぷりあるので 午前中は、小雨降る中 石和温泉で列車撮影。

石和温泉 ぶどう畑 Ⅰ

石和温泉の宿に伝えていた到着時間は、午後5時 それまで時間があったので 石和温泉駅の近くで ぶどう畑の中を走る列車を撮影してから 宿に向かいました。

甲府 藤川

かいじ116号 長禅寺から甲府駅に向かう途中 街中の峡谷を思わすような場所がありました。

山陰本線 野乃宮踏切 Ⅱ

山陰本線 野乃宮踏切 Ⅰ

嵐山の観光名所の一つ竹林の小路を歩いていても 踏切が鳴り出すと振り返ってしまいます。

京阪電鉄

伏見稲荷大社の千本鳥居の写真を撮るというのも 今回の京都旅行のプランに組み込んでいました。 早朝なら観光客も少なくて ポスターにあるような写真が撮れるかな。 そう考えてササッとホテルの朝食を済まし ホテルをチェックアウト。 伏見駅で下車すると ホ…

嵐電 嵐山駅Ⅱ

京友禅(京都で生まれた模様染め)が使用された 600本のポールが置かれ 駅全体が1つの作品のような嵐山駅。 とても幻想的な光景に感銘し 幻想的な鉄道写真が撮りたくなった。