シーサイドライン画像展示場

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅻ

横浜市金沢区 平潟湾

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅺ

「乗合釣り船」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅹ

「夕彩」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅸ

「野島運河&シーサイドライン」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅷ

「野島」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅶ

「平潟湾 プレジャーボート」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅵ

「野島運河&帰帆橋夕照」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅴ

「平潟湾」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅳ

「平潟湾景趣」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅲ

「輝き」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅱ

「平潟湾の日常」

シーサイドライン 2020ギャラリー Ⅰ

「空と海の間」

シーサイドライン 平潟湾の日常

この撮影ポイントの岸壁では ハゼ釣りに興じる釣り人達が連なっていました。 目の前では、 野島沖での釣りから戻ってきた 船の洗浄が行われていました。

シーサイドライン 平潟湾

安藤広重が描いた 「武州金沢八景」で有名な金沢八景に シーサイドラインを撮影に出かけました。 金沢八景は横浜市金沢区にあり、 平安時代には絵師 巨勢金岡(こせのかなおか)が その景観に感嘆し 筆を進める事が出来なかったという 逸話が残っています。 …

シーサイドライン 野島運河

午後4時の夏の陽の光が 運河の風紋に落ちて輝いていました。

シーサイドライン 横浜マラソン 2018

横浜マラソンは、 公認大会ではないので 日本マラソン界の 名だたる選手は参加していないけれど 28000人の市民ランナーが、 横浜の名所や高速道路を 楽しそうに走っていました。

シーサイドライン 野島Ⅷ

シーサイドライン 野島Ⅶ

シーサイドライン 野島Ⅵ

シーサイドライン 野島Ⅴ

シーサイドライン 野島Ⅳ

シーサイドライン 野島Ⅲ

先ほどまで洗濯ばさみの下で揺れていた 天日干しのワカメも取り込まれ 洗濯ばさみだけが 西からの光に輝いていました。

シーサイドライン 野島Ⅱ

野島界隈には、多くの釣り船屋さんがあります。 真鯛、黒鯛、アジ、マコカレイ、イシモチ、 キス、カワハギなどを釣るお客さんを ここから東京湾に連れて行きます。

シーサイドライン 野島 Ⅰ

久し振りに お仕事が休みの日と 太陽が居る日が重なったこの日、 柴漁港撮影の後は、... 「野島夕照」 撮影をしようと 決めていました。 景色がオレンジ色に染まる時刻までは、 シーサイドライン撮影を楽しんでいました。

柴漁港 Ⅲ

朝から漁場に出掛けていた漁船が、 次々に戻ってくる昼過ぎ 水揚げの様子を撮影していたけれど やっぱりシーサイドラインが気になって いつしかシーサイドライン撮影が、 中心になってしまいます。

柴漁港 Ⅱ

柴漁港の岸壁では、 漁を終えた旦那さんの船を 奥さんとお母さんが迎えていました。

柴漁港 Ⅰ

久し振りにお仕事お休みの日と 光のある日が重なりました。 海のある場所でのんびりしたくなり シーサイドラインに乗り込みます。

シーサイド

先日、金沢文庫にやって来た運慶の仏像7点に会ってきた。 どの運慶の作品も見ごたえがあったけれど やはりガラスケースの中に収まり人工の光に照らされると アートな展示品となってしまい 力強い量感の中に秘められた神秘性が薄れてしまうなというのが、素…

聖天川

横浜市磯子区新杉田町 まだシーサイドラインもなく 根岸線も磯子駅が終着駅だった頃、 小学生だった私は、友達とこの川の河口辺りでハゼ釣りに夢中になった。 この辺りの埋め立ては、ほぼ終わっていたけれど 工場や建物などない更地で テトラポットが海に突…

照天姫物語(シーサイドライン)

先日、シーサイドライン金沢八景駅から 野島に向かう途中で侍従川という名の川を渡ります。 この川の名前、 なんか歴史に由来する謂れがありそうで、 気になってしょうがない。 帰宅後、ネットでいろいろと検索していたら 照天姫物語に辿り着きました。 室町…