神奈川県外の路線画像展示場

信州、別所温泉と塩田平の旅 2日目 その3

昨日(4月20日)、私好みの別所線の撮影ポイントを見つけています。 それは、別所温泉から青木村に抜ける峠道。 昨日は、小雨ゆえ、そこには行かなかったけれど 晴天の今日(21日)こそ、 その峠道から 塩田平のシンボルである 独鈷山や女神岳を撮り込…

信州、別所温泉と塩田平の旅 2日目 その2

4月21日の塩田平巡りでは、 桜満開の上田城や 塩田平の宿泊拠点である別所温泉から流れてくる 観光客も多いかなと思っていました。 しかし、観光客に出会ったのは、 別所温泉の旅館のマイクロバスで前山寺に来ていた団体さんと 中禅寺でお会いしたグラフ…

塩田平のため池伝説

さくら国際高等学校の敷地に静態保存されている 丸窓電車を見に行きます。 その近くに舌喰池という 不気味な名の池があります。 地名や山や湖、池の名の由来には、 昔から物凄く興味があって なんで「舌喰池」と名付けられているのだろうと マップを見なが…

信州、別所温泉と塩田平の旅 2日目 その1

‘信州の鎌倉’塩田平の旅、2日目(4月21日)は、晴れ!! 朝のうちは、ちょっと雲があったけれど すぐにぽかぽか陽気になりました。 今日は、じっくり塩田平を散策しようと思っていたので、 上田電鉄別所線上田駅で 「癒しの湯・祈りの里 ウォーキングき…

信州、別所温泉と塩田平の旅 1日目 その2

別所温泉のお寺をぐるりと巡り 温泉に浸かった後は、鉄道写真撮影。 もともと写真撮影が目的の旅では無いし 上田電鉄の写真も記念程度に数枚撮ればいいかなと考えていました。 しかし、沿線を歩いているうちに 塩田平の風景を記録した鉄道写真を 残しておき…

信州、別所温泉と塩田平の旅 1日目 その1

朝の7時52分、上田駅に降り立ちます。 この時間帯なら地元の人しか居ないだろうと 旧北国街道の柳町へ向かい 町並みをスナップ。 http://blogs.yahoo.co.jp/yawarakaikikai_2008/36228760.html 30数年前に訪れた時とは様変わりし すっかり観光地化され…

もう一つの鎌倉巡り

30数年前、 信州を一人旅したことがあります。 その道中に立ち寄ったのが青木村の田沢温泉。 当時、観光地やメジャーな温泉地を巡るのを毛嫌いしていて 別所温泉には、立ち寄りませんでした。 しかし、塩田平の歴史と文化を知ってからというもの 別所温泉…

復興を願って・・・・

石巻駅、本塩釜 2007年5月26日(土)撮影

復興を願って・・・・

石巻駅

EF58

私の思い出のEF58牽引旅客列車というと 「日本海」と「高千穂・桜島」 特に「高千穂・桜島」は、 中学生の時に生まれて初めての一人旅で乗った列車。 車中で知り合った一人旅をしていた大学生のお兄さんとの会話 旧客車の硬い椅子の感覚 ここでEF58…

鉄道博物館に行ってきました。

今日は、春日部に所用がありお出掛けします。 せっかく春日部まで来たのだからどこかに寄ってから帰りたい。 思いついたのが、鉄道博物館。 実は、撮り鉄でありながら 今まで鉄道博物館に行った事がなかったんです。 大宮駅から鉄道博物館に向かう道のり 大…

東岸和田の踏切りで

数時間前に大阪から戻って来ました。 私用で岸和田に行って来たのです。 お昼過ぎには、用事を済ませる事が出来ました。 そうなると横浜にとんぼ返りすることもないでしょう。 交通費の元を取らなきゃね。(笑) 夕方までJR西日本や南海電鉄 そして、一度は…

煉瓦積みの高架線

有楽町から新橋までは、やっぱりこの煉瓦積みの高架線下を歩いています。 烏森駅(現新橋駅)と仮駅であった呉服橋駅(現東京駅)を開通させる時に出来たこの高架線、 何ともいえぬ趣があって大好き。 長い歴史を感じます。 新橋~上野間、山手線環状化に際…

有楽町の空

東京駅八重洲口を出て新幹線の写真を撮りながら有楽町まで歩きます。 どこの場所から撮っても新幹線の上半身しか写らない。 ちょっと食傷気味。 もやもやした気持ちを抱きながら 都会を走る新幹線の定番撮影地に辿り着けば、 何も考えずにスパっと構図を決め…

京浜東北線(呉服橋ガード)

外堀に架かる呉服橋の名を持ち 国道1号線を跨ぐこのガード。 電車の音に見上げてみれば、 都会の夏空が覗いていました。

東京駅のオブジェ

東京駅八重洲口には、売り場面積都内最大、 国内でも2番目の広さを持つ地下街があります。 地下でありながら一つの街と言ってよい様な空間。 新幹線ホームのそばには、 地下街に生命を与えるオブジェのような換気塔が並んでいました。

東京駅 八重洲口

私にとっての東京駅って、乗換駅。 駅の外ってほとんど縁がないんです。 それでも丸の内側は、 数年前にあの駅舎を撮るだけの為に出た事がありました。 八重洲口側は、いつ改札の外に出たか記憶にない。 今回、八重洲口側の改札を出てみて丸の内側とは全く違…

内房線 点描

実家の窓から根岸湾の向こうに小さく木更津の紅白の煙突が立ち並ぶ そんな千葉をいつも見て育った。 千葉は、私にとって近くて遠い場所。 東京湾を隔てただけというのに別世界の表情。 神奈川では見られなくなった113系スカ色との再会。 小さな旅で出会った…

聖橋

御茶ノ水に辿り着いた頃には辺りも薄暗くなっていました。 実は、この時間帯こそ東京に出てきて待ち望んだ時間。 夜のおねえさんと出会うためじゃないよ。 このオレンジ色に輝く聖橋を撮りたいという純心な気持ちなんだから。 いろいろな場所、角度から聖橋…

総武緩行線 E231系(水道橋)

ギャラリーパウゼを出た後は、神楽坂の小道をしばし散策。 その後、御茶ノ水駅までこの界隈の旧跡を訪ねて歩きます。 江戸庶民の生活なども知ることが出来、これがなかなか楽しい。 旧跡に建てられた説明板を一つ一つカメラでコピーしながら 合間に現代の街…

総武緩行線 E231系(飯田橋)

土曜日、家出猫ミ~さんの写真展‘鉄(くろがね)のモノローグ「俯瞰」’にお邪魔しました。 場所は、飯田橋。 なかなか東京まで出る機会がないものですから東京の電車が気になってしかたありません。 何だかとっても都会的でお洒落に車両が見えるから不思議。…

飯田橋のオレンジ色 その2

飯田橋を象徴するものといえば、坂と家光によって造られた外濠。 神楽坂に昔の面影を求める事は出来なかったけれど、 少し離れれば「モダン」という言葉の似合う坂に出会う事が出来る。 最後に載せた写真の坂は、神楽坂に通じるゆれい坂。 坂の入り口に建つ…

飯田橋のオレンジ色 その1

飯田橋に降り立ったのは、実に30年振り。 高校3年生の冬、飯田橋と市ヶ谷の間にある大学の入学試験を受けに来た時以来。 (その大学の入学試験は、みごとに落ちましたけど・・・) その時が冬だったせいか、受験で訪れるという緊迫した気持ちが支配してい…

萬画の国へ(石巻駅)

地下鉄で仙石線の始発駅・あおば通駅に出て、いよいよ乗り鉄開始です。 思い描いていた行程は、仙石線で石巻に出て、 そこから指定券がまだ空いていれば旧客車のレトロホエール号に乗って小牛田へ そして仙台に戻るというコース。 数分差で逃した石巻行き列…

仙台日帰り出張で出会った電車達

先週の土曜日は、仙台まで日帰り出張。 出張の目的の一つに視察先の写真撮影も含まれていました。 だったら一眼レフカメラ持って行っても観光気分で出張なんて思われないじゃん!! 交流区間でなければ見れない電車・機関車撮って来ちゃおっと。 スーツ姿に…

東京Station

威風堂々とした鉄道建築物。 真っ先に思い浮かぶのは、東京駅。 外観の荘厳さには、目を奪われるものがあります。 多くの人の人生と共にあった東京駅。 その駅の姿を今日は得意の連貼りで、 このブログにも残しておこうかと。

東京モノレールを見上げながらテクテクと・・・

昨日、東京駅で楽しんだ後は浜松町で途中下車。 せっかく久し振りに東京まで出たのだから モノレールをワンカットだけでも撮って帰ろうと思ったのです。 当初、浜松町駅近くでチャチャと撮って帰ろうと思っていたのに またまた深追いが始まっちゃいます。 こ…

東京駅新幹線ホームスナップ

今日は、東京に出掛けた帰り道、ちょっとだけ時間を作って東京駅に寄り道。 「駅」撮りを楽しみます。 一通り駅舎を撮ってから入場券を買い込んで新幹線ホームへ。 ほんの30分足らずの間に数多くの‘人のドラマ’が目の前で展開されます。 こちらまでジーンと…

高架線下の風景Vol.2

昨日、御覧頂いた新橋~有楽町間の赤レンガ壁高架線と打って変わり 反対側の新幹線高架線下は、40数年前の新幹線開業当時の風景がそのまま見られました。 こちらの高架線下には、昔ながらの「飲み屋」が軒を連ねます。 この路地もあと数時間もすれば、何処か…

高架線下の風景Vol.1

先日、桜木町の旧東横線高架線下の高架線壁の撮影をしていて、ふと思った。 駅、踏切、線路、レールの風景は、今まで数え切れないほどカメラに収めてきたけれど 高架線の壁の写真がないな~と。 旧東横線高架下の壁画撮影もそれはそれで楽しかった。 でも、…