根岸線画像展示場

JR根岸線 大岡川の川辺

大岡川のこのあたりの風景、 魅力的だと思う。 大岡川が作り出した 街の生業の歴史 人々の生き様の歴史 そして今も残る ダークサイドな側面と歴史 それらをひっくるめた 街の魅力

JR根岸線 GREEN その3

本郷台~港南台 この時の気温は24度 夏の気配を感じながらの 御近所お散歩でした。

JR根岸線 GREEN その2

本郷台~港南台 1/15秒 F29 ISO 100 今日のご近所お散歩での撮影テーマは、「新緑」「緑」「初夏」流し撮りで‘最も美しい嘘’を作り出して時間潰ししていました。 「芸術というものは、嘘のうちで最も美しい嘘です。」クロード・アシル・ドビュッシー

JR根岸線 GREEN その1

買い物を頼まれて駅前のスーパーへ 夕方5時近かったけれど まだまだ明るいので線路端に立ち寄り撮影 初夏の緑色が自粛で鬱な気分を和らげてくれました。

JR根岸線 躑躅

一日に一度は、外気に触れたくて 小雨降る中、ご近所お散歩。 お散歩途中に立ち寄る 地元、あーすぷらざの躑躅 5月4日になると ほとんどの花が傷んでしまっていましたが 躑躅の山の一角だけが まだ美しさを保っていました。

本郷台のツツジ E233系 6000番台

JR根岸線の本郷台には、 9時台に2本(700K、840K) 10時台に1本(826K)の 横浜線から乗り入れてくる E233系6000番台が 顔を見せます。

JR根岸線 First of May (若葉の頃)

自分のお小遣いで初めて買ったレコードは、 「小海線のC56 高原のポニー」 カッコウの鳴き声から始まり 踏切の音、 そして小型蒸気機関車独特のブラスト音が ゆっくりと近づいてくる5月の音でした。 生まれて初めて買った音楽のレコードは、 BEE GE…

JR根岸線 あーすぷらざのハナミズキ 2020 その2

新型コロナウイルスが蔓延し 身近な人を失う恐れのある世の中だけに なおさらの事、 一青窈 の「ハナミズキ」が 心にしみる ♪♪♪ 僕の我慢がいつか実を結び果てない波がちゃんと止まりますように君と好きな人が百年続きますように

JR根岸線 あーすぷらざのハナミズキ 2020 その1

ハナミズキの花言葉は、返礼 以前、ハナミズキの花言葉に絡め 妻に宛てて 「あなたから いただいたもの あまりに多すぎて あまりに深すぎて なにもお返しできない 自分がもどかしい」と ブログに書いたら こんなところに 想いを書いてないで 行動に移しなさ…

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅹ

ツツジ(アザレア)の 英語の花言葉は 「take care of yourself for me」 (私のためにお体を大切に) 「fragility」 (もろさ、はかなさ)」 新型コロナウイルスが蔓延した世を 暗喩した花言葉のようです。

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅸ

太陽の光を見て 青空を見て スカッとしていい気分というより 天気がいいのに 青空なのにと 鬱々とした気分の人も多いでしょう 私には、3密を避けながら出来る 御近所お散歩での写真撮影という 趣味があるからよいけれど

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅷ

新型コロナウイルスの影響で 自宅に閉じこもる人達にとって 今年のあーすぷらざの躑躅は 去年とは違う意味を持っていました。

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅶ

躑躅は、 シックハウス症候群でも悪名高い 「ホルムアルデヒド」を吸収し 空気を浄化してくれる働きがあるそうです。 ここの空気、良かったのかな。 躑躅を背に1時間ほどお昼寝。 目覚めた後は、 スッキリした気分で 再度、撮影に臨みました。

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅵ

新型コロナウイルスの感染を避ける為に 外出自粛といえど外の空気も吸いたくて 3密に抵触しない御近所おさんぽ お散歩の途中に 鉄道写真撮影を何時間でも 楽しめる場所を作ってくれたことに感謝

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅴ

あーすぷらざの敷地内には、 沢山のヒノデツツジや平戸躑躅が咲いています。 圧巻は、ここ まるで巨大なアート作品のように彩色された躑躅の配色です。

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅳ

自宅の門から玄関脇までと 庭にも躑躅を植えています。 ほったらかしにしていても 毎春咲いてくれて 楽して癒しを得ることが出来ています。

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅲ

躑躅は、 最も多い街路樹として存在しているらしい 特別な花ではなく普段着の花 まるでここ根岸線を走る E233系のようです。

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅱ

ソメイヨシノが終わり 八重桜が終わり そして今、 本郷台の街は、躑躅に覆われています。 花の移り変わりに 日々の流れの早さを感じます。

JR根岸線 あーすぷらざの躑躅 Ⅰ

ひそかに誇りに思っている地元の施設 あーすぷらざ “あーすぷらざ”(地球市民かながわプラザ)は、 私たちが地球に暮らす一員として、 世界の文化や暮らしについての国際理解や 国際平和、地球規模の課題について、 日々の生活の中で考え、 自分にできる 身…

芝桜

JR根岸線 本郷台~港南台 3月、4月は、 歓送迎会、卒園、卒業式、入社式など 節目のイベントが多く需要が高まる花々。 しかし今年は、 新型コロナウイルスの影響で 各種イベントが中止 花屋さんの休業や 海外輸出の停止も重なり 行き場のなくなった花は、…

JR根岸線 運河の桜 3:27 pm

大岡川

JR根岸線 桜彩

ソメイヨシノも散り始め 7~8分咲に逆戻りの日でした。 開花したばかりのソメイヨシノは、 あれ? 桜ってこんなに白かったっけ?と思う程 白い花に覆われますが、 散り際には、 アントシアニンの量が増え イメージ通りの桜色 枝に置き去りにされた 花糸(お…

JR根岸線 運河の桜

横浜にも桜の名所は、 数多くあるけれど 最も横浜らしい、 横浜ならではの桜の名所といえば、 ここ大岡川だと思う。 日本各地、 どこにでもある川辺の桜ではなく 「運河の桜」

JR根岸線 桜梅桃梨

仏教の言葉だけれども写真を含むアート全般にも通じる言葉桜梅桃梨(おうばいとうり)...桜は桜らしく梅は梅らしく桃は桃らしく梨は梨らしく花を咲かせ実をつける。 同じように人間も、それぞれの持ち味を活かした生き方をしなさい。 人はそれぞれ容姿・性格…

JR根岸線 石川町駅 元町口の光

3月になれば卒業おめでとうの文字でステンドグラスになっていた石川町駅元町口のこの窓 「窓がある。物語が生まれる。」というCMがあるけれどそれは、この窓のような気がして撮っていました。 造り替えられ新しく生まれ変わった窓に先輩を思いやる文字はなく…

JR根岸線 本郷台駅の冬光

天気が良かったのに朝の9時からお昼ご飯も食べずに自室でパソコンに向かいお仕事。 このまま1日が終わるのも嫌だなと思い息抜きがてらカメラを持って自宅最寄り駅の本郷台駅へ この駅を利用する人だけが知る期待通りの光が差し込んでいました。

JR根岸線 1月の富士山

「富士ビューライブカメラ」の映像を見たら もうすぐお昼だというのに 雲一つない富士山が くっきりと映し出されていました。 そこで、 カメラにPLフィルターを取り付け 地元の高台に赴きました。

JR根岸線 大岡川の桜紅葉

桜紅葉を撮っていて春の花期の桜にはない「不完全さの美」を感じました。 清少納言が、『枕草子』で新月直前の明け方に浮かぶ細い月を愛でているように月の美しさを満月に感じるのではなく雲間に見え隠れする月や欠けた月だったり三日月に感ずるのと同じ感覚…

JR根岸線 夏のふりした9月

意気軒昂と 夏を過ごした百日紅の花が 歩道を白く覆えば、 夏のふりしたオータムが、 本当のオータムに入ります。

JR根岸線 9月の百日紅 

夏に逆戻りしたような暑さの日でした。 夏の生命力は、百日紅のよう